論理構造を意識したホームページ制作


テーブルレイアウトが主流だった一昔前のホームページ制作からcss(カスケーティングスタイルシート)によるレイアウトでのホームページ制作に切り替わってきている昨今ですが、なぜcssによるレイアウトでのホームページ制作に切り替わったのか?そんなことは知っているという人も沢山いるかもしれませんが今回は知らない人のためにお話したいと思います。

皆さんが見ているホームページというものはhtml(ハイパーテキストマークアップランゲージ)という言語で記述されているのですが本来どんな目的で使用されていたかというと軍事目的や学術論文に利用されていました。

学術論文ですので

タイトル
見出し
段落
箇条書き

などといった具合に非常にシンプルな構造でできています。
それから一般でもhtml技術が使われるようになり視覚的にも綺麗にデザインされたホームページにしたいということからテーブルによるレイアウト(表使ったレイアウト)によってデザインされたホームページが作られるようになりました。

googleなどの検索エンジンはロボットを使いインターネット上のWEBページの情報を収集し独自のアルゴリズムによりそのサイトの特定のキーワードでの検索順位を決定します。このロボットに理解しやすいようにhtmlを記述する、論理構造を意識した記述をすることが検索エンジンの検索結果に上位表示させるための一つの要素となっています。

ではテーブルレイアウトからなぜcssレイアウトへホームページ制作がシフトしたのか?
それは、テーブルレイアウトをによってデザインされたホームページは論理構造を無視したロボットに理解しにくいホームページとなってしまうからです。ロボットに理解しにくければ検索結果にも影響が出てきます。

本来のテーブル(表)の利用目的は文書の一部に表を挿入してデータをまとめた方が見やすい場合などに使います。デザインするために利用されることが前提で用意されているわけではないのです。表の中に表があったり見出しや箇条書きがあったりしたら論理的におかしいですよね。

論理構造

では論理的に正しい構造を持ちつつ今までのテーブルレイアウトのようにデザインされてホームページを作るにはということで利用されるようになったのがcss(カスケーティングスタイルシート)という技術です。
これはデザインの部分をhtmlとは別に記述してしまうという技術なんですが下図を見て頂ければ分かりやすいと思います。

外部cssを付加したhtml

htmlの記述は論理構造を意識したページのままに外部cssによってレイアウトしデザインしています。こうすることによりロボットに認識しやすい論理構造を意識したページのまましっかりとデザインされたページを作ることができるのです。

長々と説明してきましたが以上のことがテーブルレイアウトによるホームページ制作からcssレイアウトによるホームページ制作にシフトした要因です。必ずしもテーブルレイアウトが良くないということではないですが検索エンジン対策をするには必要不可欠な技術と言っていいかもしれません。

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

最近の投稿

カテゴリー

月別の投稿

*RSS FEED